ただ気持ちよければいいという方は他店へどうぞ

 

プロのアプローチで

本質から変えたいという方はぜひ当店へ!

 


《要チェック!》    今後の定休日以外の休み等のご案内

・2/4(日):15:00開店
・2/14(水):18:00閉店
・2/17(土):19:00~20:00の1枠のみ
・2/19(月):15:30開店
    (14:00~15:20健康講座開催)
・2/24(土):休

 

※上記以外でも研修等で急遽変更する場合がございますので、お早目のご予約をお勧めいたします

 

現在当店は基本的に前営業日までの予約制をとっておりますので、ご希望日時がお決まりの際はお早めにお電話ください( もちろん、当日でも空きがあれば予約可能です)

 

☆回数券をお持ちの皆様へ☆

期限が過ぎた回数券はいかなる場合でも返品や精算等は一切出来ません。また、当店では有効期限が近くなった方への電話連絡等も致しておりませんので、お早目のご予約をお勧めいたします。


●肉体労働

●長時間デスクワーク

●長距離運転

で全身筋肉がお疲れの

  そこのあなた!

休肝日ならぬ

『休筋日』

を定期的に

設けてみては?


T-ストレッチ大橋駅前店

※当店は大橋商店連合会(大橋商店街)加盟店です

 プレミアム商品券もご使用できます

【営業時間】

 水曜日9:30~18:30

   ※最終受付17:30(コースによる)

     水以外14:00~20:00

   ※最終受付19:00(コースによる)

【休業日】

 火・木・盆休み・年末年始休み(その他不定休あるため、必ずお電話でご確認の上ご予約下さい)    

【TEL】

 092-982-7865(折り返し専用050-7130-5189)

【FAX】

 092-408-4231

【URL】https://www.t-stretch.com/

☆当店は完全予約制をとっております(基本前営業日までの要予約)。来店希望の方は、あらかじめお電話にてご予約をお願いいたします。

※お当日でも空きがあれば予約や直接来店でも可能です

※問い合わせフォームからのご予約は承っておりません

※営業時間外にお電話された際は留守電に希望日時を残して下さい

※スタッフが出勤後折り返しお電話させていただきます

※お電話の順番で受付となりますので休み明けや営業開始の時間帯をご予約は早めをお勧めします


アクセス

〒815-0033

福岡市南区大橋1-4-15岩井ビル1F右

☆大橋駅東口を出て右に進み一休ラーメンさんを左折、2軒隣の1階店舗

☆大橋駅徒歩2分、西鉄バス大橋1丁目バス停徒歩10秒 とアクセス便利!      


T-ストレッチ

「4つのT」

 

正しいストレッチをしないと

かえって筋肉は…

今まで皆さんはどんなストレッチをしてきましたか?または受けてきましたか?

昔ながらの「ギュッ、ギュッ!」と反動をつけたやり方で、痛みに耐えながら伸ばしていませんでしたか?

それって、むしろ筋肉を硬くしたりケガを引き起こす可能性が高いんですよ。ただ、そういったストレッチの方が世の中に広まってしまっているのが現実です…。

T-ストレッチでは理論に基づいて、国家資格の専門家(理学療法士等)の徹底した指導の下「本物」のストレッチを提供するストレッチ専門店です。

たくさんの人に本物のストレッチを知っていただき、一人でも多くの方のケガの予防や健康増進につながっていければと思い、このT-ストレッチを立ち上げました。「いくらストレッチしても全然柔らかくならない」「仕事がら腰痛や肩こりを予防したい」「スポーツを本格的にしているのでできるだけケガをしたくない」等々…のお悩みの方は是非一度ご相談ください。

どんなに身体が硬い人でも、理論に基づいた本物のストレッチを行えば、筋肉というものは柔らかくなっていくものなのです!

Theory

理論に基づいた

運動生理学

Twenty

20秒以上持続して伸ばす

Ⅰb抑制

True

本物の

本質的に筋肉が緩む

Technique

技術

専門家(理学療法士等)による徹底した指導・研修


20秒以下でもある程度の効果は認められものの、ゆっくり20秒以上(できれば30~60秒)伸ばすことによってⅠb抑制という働きが生じ、本質的に筋肉を緩めることができます。ここまでして初めてケガの予防や健康増進につながっていくのです。

<ここからはお時間のある方だけご覧下さい>

ストレッチを行う上で絶対に知っておかないといけない知識!

ストレッチとは?

筋肉を伸ばして柔軟性を向上させる手技です。大きく分けると「動的ストレッチ」「静的ストレッチ」の2つに分類されます。一般的には動的ストレッチで終わってしまっているケースが多く見受けられます。動的ストレッチはスポーツ競技開始前などに筋肉の働きを良くしておく時には有効ですが、一般的に筋肉を緩めるのがメインではありません。ですので、筋肉を本質的に緩めて基本の柔軟性を高めようと思ったら静的ストレッチをしなければなりません。

伸張反射とは?

急激に筋肉を過度に伸ばすと筋紡錘という組織からⅠa神経線維という神経を通って脊髄に「筋肉切れるよ~!」という危険信号が送られます。そうすると、α運動神経という神経を通って、筋肉に「切れないように縮まりなさ~い!」という指令を出します。このメカニズムを「伸張反射」といい、いわゆる防衛反応ですね。脚気の検査で膝のお皿の下の腱を叩くとピーンと脚が伸びますよね。あれがまさにそうです。

ですので、今まで皆さんが行ってきた「ギュッギュッ!」と反動をつけたストレッチや、筋肉を強く叩いたり揉んだりするような行為では、この反射が出てしまい、かえって筋肉は硬くなってしまうのです。

ただし、今から競技を開始する直前などで、筋肉の動きを良くしておかなければならない場面では、筋出力をあげる意味で動的ストレッチを取り入れますので、全てが悪いわけではありません。

Ⅰb抑制とは?

逆にこの伸張反射が起こらないように筋肉をゆっくりと伸ばしていくと、20秒くらい経過したところで、ゴルジ腱器官という組織からⅠb神経線維という神経を通って脊髄に「筋肉が少しずつ伸ばされているよ~!」という情報が伝わります。そうすると、α運動神経を通って、筋肉に「それに合わせて緩みなさ~い!」という指令を出します。このメカニズムを「Ⅰb抑制」といい、これを働かせることによって筋肉を緩めるのです。静的ストレッチの基本ですね。

ただし、伸張反射と逆で本格的な激しい競技の直前など、今から筋肉の出力をあげておかないといけない場面では、かえってパフォーマンスが落ちることもありますので、詳細はスタッフまでおたずね下さい。

T-ストレッチは他のストレッチと何が違う?

ですので、「伸張反射」「Ⅰb抑制」は全く逆の反応なのです。筋肉は急に伸ばされたらそれに抵抗して縮まる反射が起こり、ゆっくり伸ばされれば、それに対応する時間の猶予をもらえたことによって、筋肉を緩めることができるのです。

ほんと人間ってうまくできてますね。

T-ストレッチは、この人間本来が持っている筋肉を緩める反応であるⅠb抑制をしっかりと働かせることによって、本質的に筋肉の柔軟性を向上させるストレッチなのです。さらに、民間資格ではなく、その分野の専門家である国家資格の「理学療法士または作業療法士」が徹底した研修指導を行うことによって、理論だけでなく、本物の技術を身につけることができるのです!



お店のイベントや健康に役立つ豆知識等の情報をアップします!当店のお客様はもちろんのこと、それ以外の方も健康に興味のある方はぜひご覧下さい。

また、当社社長が発起人の『福岡市南地区PTOTST連携ネットワーク』の情報も発信していきます。これは、通常の医療介護の連携はもちろんのこと、地域の介護予防や健康増進などリハ専門職として地域のお役に立ちたい!という熱い想いを持った南区のリハビリ専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)の集まりです。所属施設や経験年数の垣根を越えて、地域の事を真剣に考え勉強会や情報交換会を開催しています。時には行政など地域の方にも参加して頂き地域との情報交換も行っています。

南区やその周辺のPTOTSTの方で、地域リハビリテーションに熱い想いを持っている方がいらっしゃいましたら、ぜひご参加下さい!

LINE始めました!

お店のイベントやお得なクーポンなどを発信しています。

是非友達登録お待ちしております!