健康豆知識コーナー

(理学療法士のオーナーによるストレッチ以外の生活に役立つ豆知識を提供します!)

①筋トレについて

そもそもどのくらいの頻度ですればいいのか?


毎日した方がいい?1日おき?

これは医療介護の現場だけでなく、リハビリ教室や健康相談などでもよく聞かれる項目です。

最近は健康関連のテレビや雑誌が非常に多く、よく特集されていますし、何よりインターネットの普及により、検索すれば何でも調べられる時代になりました。ですので、皆さんも一度は聞いたことがあると思いますが、重要なのは「超回復」です。

ストレッチの反射や抑制に続き「まーた難しい話を持ち出して!」と思われる方もいるかもしれませんが、これも伸張反射の時に説明した防御反応と同様、自分自身を守るために欠かせない原理なんです。

筋肉は筋トレなどで負荷をかけることによって、筋線維が破壊されます。そして、修復するときに以前よりも強くなって修復されるのです。これが超回復の原理なんです。簡単に言うと…、50㎏の物を持って筋線維が壊れた場合、同じ状態の筋肉に回復したらまた同じ負荷の50㎏がかかれば壊れるので、生活上困りますよね?ですので、次は50㎏に耐えられる身体を作っておこうと準備をしているんです。現代なら車など文明の利器がありますが、原始時代など物を運ぶ道具がなかった頃は、非常に重要なことですよね。

結局これも伸張反射やⅠb抑制同様、「人間の身体ってほんとうまくできてるな~」っ感心させられますねヽ(^o^)丿

よって、筋トレはこの原理を利用して鍛えていくんです。その時に重要なのが、超回復に必要な時間です。道路や建物も壊れれば修復するのに時間がかかりますよね?それと同じで筋肉にも修復に時間がかかるんです。

これも最近はどこにでも載っているので、ご存知の方も多いかと思いますが、個人差や筋肉によって違いはあるものの、一般には「48時間~72時間」と言われていますね。

簡単に言うと、毎日同じ時間に筋トレをすると間は24時間ですよね。それでは回復が追い付いていないんです。これを1日おきにするとどうでしょう?48時間空きますよね!ということは、筋トレをする際は、最低でも1日おきにする必要があるんです。

もちろん、その方の年齢や筋肉の量、負荷の量等によって必ずしもそうではないのですが、基本的には筋トレというものは毎日同じ筋肉を鍛えたらかえってよくないというのを覚えておきましょう!

 

次回は、超回復のために必要な栄養や効果的な筋トレ方法などをお教えしますね(^。^)